斜陽ブログ。~高校野球、ソフトバンクホークス、アニメetc~

野球、アニメ、乃木坂46その他について書くブログ。野球はソフトバンク関連、春夏は高校野球関連が中心。

◆主なカテゴリーのリンク(その他は右サイドバーからお願いします)◆
NPB 高校野球 アニメ

ホークス記事……2015年 2016年 2017年

最近読んだ漫画の感想:ブラッククローバー、ゆらぎ荘の幽奈さん、腹ペコのマリー

 去年くらいから、もっとマンガを読みたいなと思うようになりまして。
 で、色々と手を出しているのですが(もっとも、部屋のスペースを圧迫するのが嫌なのと、経済的な理由もあって、もっぱらツタヤでレンタルしてるんですけど……)。

 ただ読みっぱなしだと勿体ないなというのもあって、個人的なメモも兼ねて、簡単な感想をこれからは書いていくことにしました。最近と銘打っていますが、実際には昨年末とかに読んだものもあるのですが。

 スタンスとしては、1巻を含む感想はネタバレ薄め、それ以外は内容に踏み込むこともある……みたいな感じです。
 もっとも1巻の感想にしても、まったくのネタバレ無しとも限らないのですが、一応、人にどんな漫画か紹介する体で書いた方が良いのかな、というのを念頭に置いてはいます(実際に紹介になっているかどうかは別として)。

 以下お品書き。今回はジャンプ特集?です。

ブラッククローバー(1)~(2)
ゆらぎ荘の幽奈さん(1)~(2)
腹ペコのマリー(1)


続きを読む

広尾晃さんのNumber内川記事の数字が全然違うのですが。←現在は訂正されました。(1/14お願いを追記)

(1/14追記というかお願い)
 なんか自作自演で宣伝してるっぽくなってしまうんで、あんまり広尾スレでうちのブログの名前連発しないでくれー(汗

(1/12追記)

 現在は下記のデータは訂正されています。

(1/13また追記)
 
 Twitterで広尾さんから訂正したと、引用RTでご報告を頂いていたので一応。
 本文記事中などではまったく訂正した旨触れていないなか、このツイートが唯一広尾さん本人が読者に周知しているものになりますかね(それもどうかと思うが。広尾さん個人のブログだって、「修正しました」の一言くらいは修正箇所に添えるのに……。まあ、それでも足りないのでは、という話はこちらに)。

 なんて答えるべきか思いつかず結局返信しなかったけど、あくまで私宛のリプライではなく、フォロワーへの周知も兼ねた引用RTだから良いですよね……。
(わざわざご報告ありがとうございますくらいしか言うことないけど、それだと嫌味っぽいし)

 私にツイートを引用RTするということは、Numberの問い合わせフォームや広尾さんのブログコメントに間違いの指摘があったから修正したのではなく、ここを見て気づいたということなんだろうか?
 しかし広尾さんはどこで私の記事を知ったのだろう? たしかに「広尾晃 内川」とかで検索すると、私の記事がそこそこ上の方に出ては来るけど……。
 広尾さんのウォッチスレにここのブログの名前が出てるので、それを見たとか?

 ちなみにそのスレッドの書き込みによると、広尾さんのブログに寄せられた、今回の件について何も言わずに修正したことを指摘したコメントが消されていたらしいのですが、そのコメントをしたのは私では無いので念のため。
 そもそも私は、すでに2年前くらいから広尾さんのブログにはブロックされてコメントできないです(笑)


※以下本文

 新年一発目の広尾さんのヲチ記事です。
 と言ってもここ半年くらいかな?  ほとんど記事はヲチしてなかったんですけどね。ウォッチャー失格ですな。

 そんななか、先ほどヤフーで内川に関する記事があったので何とはなしに読んでたら、「あれ? これなんか見覚えある文章だぞ? ってやっぱり広尾さんじゃーん!」と広尾晃さんの記事を見つけてしまったのでした。

(ヤフーの記事は、しばらくすると見れなくなるので、リンク先は元のNumber Webのリンクを。
 Numberだとタイトルの下に署名があるので誰が書いたかすぐにわかるのですが、ヤフーだとそれが無いのです)


 で、これも何かの縁ということで、軽くツッコミでも入れようかなと思ったわけですよ。

 訳ありFA云々のくだりはおんJまとめサイトでもつっこまれてたから良いとして、あとは、

 なんとなく剽軽な印象があるが、タレントや芸人と並ぶと、内川は素晴らしい肉体の持ち主であることがわかる。185cm90kg、チームメイトの柳田悠岐は188cm93kgと一回り大きく「鉄躯」という言葉がふさわしいが、内川は足も細くて長く、体全体が鞭のようにしなやかだ。そのたたずまいが、「内川聖一」という野球選手を物語っている。

というところを読んで、内川に剽軽なイメージあるかな?どちらかと言うとガッチリタイプじゃない?とか、そんな他愛もない話とかね。
 ……というか「剽軽」という言葉に、所謂「ひょうきん者」と使うような意味の他に、身軽とか素早いとかの意味もあるということ自体、そもそもこれ読んで調べるまで知りませんでしたが。


 で、特に気になったのは、 「内川は、滅多に三振しない名人級のスラッガーである」と題した部分。

 論より証拠。パで過去3年間、合計1000打席以上立った打者の打率ランキングに三振率(三振数÷打数)をつける。

1柳田悠岐 (ソ) 1378打数452安打 打率.328 三振321 三振率23.3%
2秋山翔吾 (西) 1803打数580安打 打率.322 三振298 三振率16.5%
3近藤健介 (日) 979打数311安打 打率.318 三振161 三振率16.4%
4角中勝也 (ロ) 1343打数406安打 打率.302 三振162 三振率12.1%
5西川遥輝 (日) 1476打数437安打 打率.296 三振314 三振率21.3%
6内川聖一 (ソ) 1351打数398安打 打率.295 三振134 三振率9.9%
7森友哉  (西) 954打数280安打 打率.294 三振269 三振率28.2%
8浅村栄斗 (西) 1668打数484安打 打率.290 三振340 三振率20.4%
9銀次   (楽) 1276打数366安打 打率.287 三振143 三振率11.2%
10中村 晃 (ソ) 1505打数430安打 打率.286 三振157 三振率10.4%

 ソフトバンク柳田、西武秋山と今年30歳になる脂の乗り切った選手が上位に来て、内川は6位だが、三振率はただ1人10%以下。並みいる強打者が4~6打数に1回は三振を喫している中で、内川は10打数に1回以下だ。

 1000打席以上でこれよりも数値が低い打者は、内川と同い年の楽天、藤田一也だけ(8.9%)しかし藤田の打率は.264だ。

 またセ・リーグ1000打席以上の打者で最も低い三振率は、阪神・鳥谷敬の14.7%だ。

 三振率というデータがそうなってるんだから仕方ないと言われればそれまでだが(でもこれも、そんなにポピュラーな指標かな?)、三振の少なさを比べるのに、打数ベースは微妙じゃない?
 だって同程度の打席数なら、四球を選べば選ぶほど分母が減ってパーセンテージが上がっちゃうんだから。三振のしにくさを比較するなら、打席ベースの方が妥当なような……。

 まして、内川は四球をあまり選ばないので、内川の三振が少ないのは事実だとしても、打席ベースと打数ベースで上のランキングのイメージも変わってきちゃうんじゃ……。 

※ただし、”バットをボールに当てる技術”を評価するのなら、打ちに行ってなおかつ三振しない打者が偉いということで、打数ベースで見る意味もあるのかもしれない。
 もっともそれなら、そもそもセレクティブヒッターを同じ土俵に上げるのは間違いという気もするが……。

 ということで、わざわざ打席ベースの三振率を調べていたのですが、そしたらそんなことどうでも良くなる問題に直面。
 上のランキング、私の計算とそもそも全然数字が合わないんですよ!
 秋山の過去3年の三振数が、上だと「298」になっていますが、私の計算だと「278」で20個も違う。あれ?と思って他の選手も見てみたら、近藤も森も私の計算と合わない……。
 これはと思って打数の方を見てみたら、下一桁だけ暗算で足してみるという超簡易的なチェックでも数字が全然合わない人が続出(テストの見直しにおける、ケアレスミスチェックの基本ですね。受験生のみんなは気をつけるんだぞ☆)。
 
 おいおい……ということで、上のランキングの数字を片っ端から訂正してみましたよ。

 あ、念のためですけど、上のランキングって、15年〜17年シーズンの成績の合計ってことで良いんですよね?
 もしかしたら、最も成績の良くなる3年間を抽出、とかなのか?とも思ったけど、そんな面倒なことしないだろうし、それならどの年を抽出したか書くだろうし、そもそもどの3年間を抽出しても、秋山の打数が1803になることはありません。
(何故なら3年で1803打数マークした場合、1シーズン平均で601打数必要ですが、秋山が601打数以上マークしたのは15年の602打数だけで、あとは600打数を超えたシーズンすら無いためです)


続きを読む

【アニメ感想】打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?:ストーリーが掘り下げ不足で物足りない。ヒロインの広瀬すずも少し厳しい。

 とりあえず新年一発目のアニメ感想。

 先日旅行の帰りに、飛行機内の小型テレビで見たもの。それゆえに画面とか音とか、決してベストコンディションで見たわけではないので、採点するのはどうなのかなという気もするのですが……。


続きを読む

新年のご挨拶(2018年)

 遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

 昨年は、後半以降更新頻度が下がり、年末はほとんど放置に近い状態でしたが、今年はもう少し頑張りたいと思います。

 3月になればセンバツもあるので、それに向けて徐々に調子を上げていきたいところですね。
 当面は昨年のアニメの感想のまとめとかかな? すでに今年の新アニメも始まりつつありますが……。
 それと、16年末にやったような簡単な総括的な記事も書きたいですね。まあこのあたりは1月中をメドに終わらせたいですな。
 ……まあ、ほら、中国や台湾では2月に旧正月も祝うし、1月中なら去年の話をしてもギリギリセーフってことで(?) 
 

 まあそんな感じで、今年も野球とかアニメとかその他もろもろとか、テキトーに更新したりしなかったりするブログになると思いますが、よろしくお願いします。

【アニメ感想】将国のアルタイルを見終わった感想

 先日最終回を迎えた「将国のアルタイル」についての、主に中盤以降を対象とした、ザックリした感想。

続きを読む

twitter
フォロー大歓迎!



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリー
順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
ホークス関連ニュース
試合日程
ランキング
最新コメント
  • ライブドアブログ