最近更新がご無沙汰だったので。

 近いうちにSET公演を見に行った感想とか、あと本来のメインのはずの野球の話とかも書きますよ、ええ(日米野球も始まるしね)。
 
*****

 さて、今回の「乃木どこ?」はクイズ対決。クイズ王こと古川洋平氏を招いて、メンバーが各々の自信のあるジャンルで早押しクイズ対決をするという内容です。
 クイズ番組は今でも数多放送されていますが、こういう“クイズのプロ”をちゃんと見るのは新鮮でした。昔に比べて最近はこういった人たちによるクイズ番組って 、あんまりないような気がします(私が知らないだけ?)。

 さらに、普通のクイズ番組ではなかなか聞けないような、クイズのプロ?ならではの早押しクイズのテクニックというか技術を垣間見られたのも面白かったです。
 例えばボタンを可能な限り早く押すために、ここまでは押しても反応しないという範囲(=遊び)を探り、できるだけ解答前から押し込んでおくことで、より素早く解答できるようにするとか。早押しクイズ界でも頂点を争うような領域では、そんなコンマ1秒くらいの差で勝負を分けてしまうのでしょうね……。
 そういった、いかに早く答えるかという姿勢は実際に問題に臨むときにも表れます。 最初の問題は、生駒里奈が得意とする「ゴールデンボンバー」に関するもの。「ゴールデンボンバーが週間オリコンチャートで初めて1位を獲得した曲は何でしょう?」という問題でしたが、クイズ王は文中の「初めて」が読み上げられるかられないかというところで回答ボタンを押し、「Dance My Generation」と答えて正解。その回答の素早さにバナナマンもメンバーも驚愕します。
 問題文の途中での回答でしたが王曰く、

「『オリコン週間チャート』という言葉が聞こえたのでチャートに関係する答えになりそうなものを一気に羅列しまして、そのなかで『初』という言葉が聞こえたのでおそらく1位であろうということで押しました」

とのことで、初っ端からクイズ王の力を見せつけました。
 
 王は自分の知識の及ぶ問題については常にそんな感じで、


【ジャンル:魔女の宅急便(vs堀未央奈)】
映画『魔女の宅急便』でキキが居候するパン屋さんの名前は?(A.グーチョキパン店)

→「キキが居候する……」というところでボタンを押して正答。「居候先の奥さん(おソノさん)の名前は?」というような問題の可能性もあったのでは、バナナマン設楽さんに問われると、「おソノさんという名前を聞くためには、"グーチョキパン店"というキーワードを出すのがちょっと遅い」とのこと。

【ジャンル:日本史(vs秋元真夏・山﨑怜奈)】

1232年に北条泰時が定めた、全51条からなる鎌倉幕府の法律は何でしょう?(A.御成敗式目)
→ジャンル日本史で1232年ということで、御成敗式目に関する問題と判断。あとは法律名と制定者名のどちらかを答えさせる問題と読み、北条泰時の「ほう」が聞こえた時点で前者と即断し正答。

【ジャンル:地下アイドル(vs中田花奈)】

アイドルグループの『仮面女子』に所属している3つのユニットは、『スチームガールズ』『アーマーガールズ』と 何?(A.アリス十番)
→「スチームガールズ」が読まれ他のユニットを答えさせる問題と判断。おそらく「……ガールズ」「……ガールズ」ときて名前が例外的なものを答えさせる問題と読み、「アーマーガルズ」を聞く前にボタンを押し正答。


といった具合。特に仮面女子に関する問題については、ライブに足繁く通っているという中田かなりんに対して、古川さんはアリス十番以外のユニットは正確に覚えていたわけではなく、それでも勝利してしまうあたり王の王たる所以でしょう。
 他の問題についても、魔女の宅急便は「100回以上見た」という堀ちゃん、得意な時代として鎌倉時代を挙げていた山崎れなちと、乃木坂側も答えは分かっていたわけで 。早押しクイズは単に知識があればいいのではなく、その場での素早い読みや一瞬の判断力などが勝敗を左右する、スポーツ競技的な要素もあるのですね。


 そんなクイズ王に思わず「怖い…」と漏らしてしまうメンバーまで出てきてしまうのですが、そんなことはなく、むしろとても優しいお方でした。
 星野みなみとの対決となった【ジャンル:パン(超簡単)】の「形がメロンに似ている事から名付けられたと言われるパンは何でしょう?」という問題では、最初の方で既に誰にでも答えが明らかなのにも関わらず、「何でしょう」のあたりまで待ってあげる一面も。


↓王の優しさ


>できるだけ広くジャンルをとれるようにしてますが、今回は本当に苦戦しましたw 星野さんとの対戦は特に指示はなかったのですが、「とりあえず押してみよう!」という雰囲気だったので、ちょっと捨て身で押されるのかな?と構えていたという感じですねw


 しかしみなみさんは、クイズ王が押さないゆえに難しい問題なんじゃないか?と無駄に深読みしてしまい結局押せず仕舞いでしたが(笑)
 とはいえ星野みなみのあの唯一無二のふわふわ感は王の心も蕩かせたようで……。


↓初対面の王も思わず甘やかしたくなる、星野みなみの魅力(笑)


>皆さん可愛らしくてお綺麗な方ばっかりなんですが、みなみさんはその中でも独特の雰囲気を持っていて、周りをほんわか優しい気持ちにしてくれる方でした。クイズ王は答えて当然という殺伐とした空気になりがちですが、星野さんの笑顔にとっても癒していただました!


 これは王、みなみ推しですか?と思いきや


>ありがとうございます。皆さん1人ひとりが印象に残る方だったのがツイート内容に反映された形です。 推しメンですかー。私なんかが申しあげてファンの皆様が嫌な思いをされたら大変申し訳ないのですが、堀さんが今まで出会った全人間の中で最も美しいと思いました。



 堀未央奈推しでした(笑) 「今まで出会った全人間の中で最も美しい」とは、なかなか凄まじい(笑)


 さて、クイズ王のハイレベルなクイズの実力に加え、自身の素早い回答の根拠をわかりやすく説明する弁舌、さらには優しい心遣いまで見せられ、その人柄に好感を抱く乃木坂ファンが続出したようで(笑)


↓乃木坂ヲタを喜ばせる、王のありがたい御言葉。


>【ちなみに】乃木坂46のメンバーさんは、収録中に私の後ろを通って早押し席に着く度に皆さん「失礼します」と言って通られ、収録後も廊下でお会いした一人ひとりがとても丁寧にご挨拶してくださいました。多忙な中、優しさを忘れないとても魅力的なグループでした。 #乃木坂46 #乃木どこ



 古川さんのTwitterを覗いてみると、乃木坂ファンの質問やコメントが大量に寄せられた模様です。古川さんはそれらに細かく丁寧に答えている様子が窺え、ますます人柄の良さを感じさせます。
 さらに、特に多かった質問を改めてブログの方でまとめて答え直し、それでもなおも寄せられる似たような内容の質問については、「過去ログ嫁」と切り捨てても良さそうなところをわざわざ質問の回答をTwitterで再掲するなど、その旺盛過ぎるサービス精神は感服を通り越して心配になってしまうレベルです。

 他にも、クイズで対戦した各メンバーへの印象を1人ずつツイートしていてそれも好感が持てます。もう完全に私は王の虜です。推しメンです(笑) でもそんな人も多いんじゃないでしょうか。もしかして似たような質問を調べもせずに浴びせかける連中は、755で推しメンの反応欲しさに闇雲にコメントするのと同じ、古川推しに目覚めてしまったレス厨なのかしらん。

 
 ところで上で触れた、古川さんのブログの記事がこちら。

乃木坂って、どこ?①

 この記事中で思わず感心してしまったのが、クイズに強くなるためにはまず義務教育までの内容をカバーすること、と述べているところ。義務教育の範囲で「たいがいのクイズ番組の6割程度の問題はカバーできる」ってそんなわけないじゃん!と思ってしまいそうですが、肝心なのはその範囲の知識を「完璧」にすること。

>クイズ番組の問題は、視聴者が見ていてもわかる、最低問題の意味は理解できる難易度であることが多いです。そうすると、出題範囲は義務教育の範囲に収まりやすいです。
>中学国語便覧に乗っていた「長谷川辰之助」という本名、誰だかパッと思い出せますか?

 恥ずかしながら「長谷川辰之助」が誰だか浮かばなかった私でも、二葉亭四迷はさすがに知っています。そしてお茶の間にお届けするなら、たとえ私のように「長谷川辰之助」が誰だかわからずとも、「正解は二葉亭四迷でした!」となれば「ああそうなのか!」と納得し、それでテレビ番組としては成立する、というわけですね。
 もし問題の答えがそもそもマイナーな人物だと、誰やねん!ということになって、深夜番組とかならともかく、一般的なクイズ番組の問題としては成立しないと。
 これは言われてみれば確かにそうだという感じなのですが、目からうろこでした。


 そんなわけで、クイズについてもっと色々な話を聞いてみたいなあと思いました。
 番組中、やたら喋りが滑らかだと思っていたら、Twitterによると月1開催しているクイズ番組の形式を体験できるイベントでMCをされているそう。


>Q.クイズやってみたい!
>A.毎月1回、渋谷の道玄坂ヒミツキチラボというイベントスペースで本物の早押し機でクイズをするイベントをやっています。問題作成や司会は私が担当、過去には『気づいたら片想い』を出題したことも。たまにつぶやくので、興味ある方は是非一緒にクイズしましょう。 



 なるほど通りで喋り慣れているというか、説明が分かり易いわけだなあと。
 それならば是非とも、王がMCのクイズ番組が見たいです。それも普通のクイズ番組というよりは、王がクイズのコツやテクニックなどを解説してくれるような番組を。

 放送業界の皆様、クイズ王と堀ちゃんのMCでお送りするクイズ解説番組、お待ちしております(笑)


*****

  ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です。よろしければクリックを。ご意見ご感想その他はコメント欄orウェブ拍手からお願いします。